外食を利用する上での注意点

 

会社勤めで昼食は外食が殆どだという方は、高GI値の主食を低GI値の食物に変更することは難しいでしょう。
そういう場合は、出来るところから頑張ってみましょう。
例えば、パスタや蕎麦は普通のものでもGI値は65、全粒粉スパゲティならGI値は50と低めです。
具だくさんのパスタなら昼食としても満足できますね。

 

  

 

反対に丼物など、ご飯をたくさん食べてしまうのは避けましょう
よく、うどん屋や蕎麦屋のメニューで、おにぎりや巻きずし、いなりずし、場合によっては、ミニカツ丼等とセットというものがあります。
これは炭水化物だけで、お腹を満たそうというようなもの。絶対に避けるようにしましょう。

 

.外食でも工夫をすれば太りません

 

忙しい時は駅構内の立ち食いそばで簡単に済ませてしまう。という人も ちょっとした工夫で、
低インシュリンダイエットは可能です。
余談ですが、名古屋在住の私は、立ち食いきしめんでした。

 

いつも天ぷらうどんを頼んでいるならば、そばに切り替えてみましょう。
また、可能であれば、天ぷらも山菜などに変えられれば最高です。
また、週に1回は麦とろ定食にすれば、低GI値の麦飯が食べられますね。

 

  

昼食にGI値の高いものを食べてしまったならば、夕食で取り戻すことが大切です。 
玄米が食べづらいというならば、最初は白米と玄米のミックスでも良いのです。
電子レンジで調理できるタイプの麦ごはん や、五穀米発芽玄米などもあるので、上手に利用して上手に痩せましょう。

 

リンク